Bloom

アクセスカウンタ

zoom RSS お花屋さん向けの資材 from ベルギー

<<   作成日時 : 2006/02/13 21:51   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
画像
画像
画像
花屋さんにとって、切っても切れないのがフラワーベースやデコラティブアイテムなどの資材。
パリで年明けに開催されるメゾン・ド・オブジェという国際トレードショーでは、インテリア関連のアイテムとして、フラワーベースやデコラティブアイテムのトップメーカーが数多く出展し、日本からも数多くのインテリア関係のバイヤーが訪問しているかと思います。ここでは、さすがにパリだけあって、時代の先を行くトレンドアイテムが展示商談されています。

 今回もIPMではセラックスが出展していましたが、私が資材を定点観測しているなかで、セラックスやD&Mといった、ベルギーの資材メーカーは、ナチュラリズムというか、日本人の好みに合った落ち着いたアイテムをずっと展開しているなって思いました。

 IPMでも、他のメーカーが原色系の奇抜な色彩の商品や、派手な装飾のアイテムを数多く新作として展示していましたが、セラックスのブースでは、なんとなく今トレンドの『青山フラワーマーケット』におかれていそうな雰囲気(実際にはおいていないでしょうが、例えとして・・・)の、ナチュラル&シンプルって感じのアイテムが数多くありました。

 同じくベルギーのD&Mではポリストーン(プラスチックと石の粉末を混ぜて整形した割れにくくて石よりも軽い新素材)を使ったアイテムを2年ほど前に売り出しましたが、これもとってもナチュラルでGoodです。

 モダンを追求するか、ナチュラリズムを追及するかは、それぞれのショップの追求するステータスによって二極に分かれるとおもいますが、消費者の視点で長く飽きずに楽しむなら、ナチュラリズムの方がいいのかなと思います。なにぶん、日本の家の多くは原色系の装飾品が似合わない造りな気がするので・・・。でも、明らかな差別化を図るなら、奇抜な色彩とスタイルの資材かな・・・って気がしますが、差別化を図る目的は高級感を出すことにあり、平均的なホームユースにはちょっとお高いかなって思いました。どうなんでしょうね・・・?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
お花屋さん向けの資材 from ベルギー Bloom/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる