Bloom

アクセスカウンタ

zoom RSS トンネルを抜けると、そこは…

<<   作成日時 : 2007/06/06 15:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
雪国だった…と文学的に言いたいところですが、オランダの文化的には飾り窓だったとなるようです(笑)

実はオランダは売春が合法化されていて、赤線といわれる赤いライトのついた飾り窓が賃貸物件になってたりします。

アムステルダムの観光スポットで最も人気が高いのが、中華街に隣接してあるこの飾り窓エリアなんです。

意外なことに女性のほうが見てみたいというケースが多くて、おとといはドイツから仕事の打ち合わせに来てくれた、お友達リストの中にいる女性からもリクエストがあって案内させて頂きました。感動してくれたようで良かったです(笑)

オランダに住んでた頃も、何故か日本から来た女性に案内を頼まれることが多かった気がします。オランダの観光スポットって聞くと、やっぱり男女とわず自分の目で確かめたくなりますよね(笑)

昨日はオランダに初出張のお客さんを仕事帰りに寄ったチャイナタウンを案内したついでに飾り窓エリアも案内してきましたけど、カルチャーショックというか、かなり驚いてた様子です(笑)

EUになって観光客が増えたからか、昔よりもこのあたりも明るい雰囲気になった気がします☆彡

カップルや女性だけで散策してるのも普通なので、文化を知るうえでも女性の方はぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

それから、ここで写真は撮らないほうがいいですよ。運が悪いとヤクザに絡まれるそうです。フィルムを抜き取られてお金を払わされた人もいたそうですが、別に撮影禁止ってわけではないんですけどね。アムスにはいろんな人がいるので、無駄な挑発はしないほうが安全に旅ができるかと…(;^_^A

私はどうしても日記に乗せたくて、命懸けで今回は写真撮ってみましたけど、よい子はやめておきましょう(笑)

今日は早朝からディープなオランダの光景を日記にしてみました☆彡



Worldreport Top Pageへもどる





まさかと思ったけど、本当でした!「聞き流すだけ」の英会話マスター法


懸賞情報なら懸賞ジャパン






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
トンネルを抜けると、そこは… Bloom/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる