Bloom

アクセスカウンタ

zoom RSS オランダ EU問題と微妙な協調?

<<   作成日時 : 2007/05/01 09:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
オランダとフランスではEU憲法が否決されましたが、イギリスも同じような状況にあるそうです。

もともとバラバラ国民性と社会システムをもち、いろいろな利害関係をひきずっているEU各国が強力な憲法で機能できるわけないですよね(;^_^A

自己中でイヤラシイ手段で主導権を握りたいフランス人、商売を優位に進めたいオランダ人、プライドが高いイギリス人・・・それぞれの思惑がEU憲法をゆるやかにするためにどうやら協力をしあうようです(笑)
■以下、ニュース記事です

EU憲法、修正求める・英蘭首脳、権限の強さ問題視
 【ブリュッセル=下田敏】英ブレア首相とオランダのバルケネンデ首相は16日に会談し、発効が滞っている欧州連合(EU)憲法条約について大幅な修正を求める考えで一致した。ブレア首相は「憲法の特徴を持った条約ではなく、効率的にEUを運営するための通常の条約が必要だ」と強調。国家の枠組みを超えるような権限をEUに与える条約に否定的なオランダに同調した。

 EU憲法は大統領や共通外相の創設、意思決定の効率化などを盛り込んだ基本条約。仏とオランダの批准失敗で発効が遅れ、EU議長国ドイツが再協議の準備を進めている。ブレア首相は「市民が超国家的なEUを求めていないのは明らか」と指摘。憲法修正を訴えるオランダと共同歩調を取る姿勢を示した。英国はEU懐疑派が強く、憲法条約の是非を問う国民投票を行うと批准を否決される恐れがある。

この記事のオリジナルのPC版は下記からみられます

http://www.nikkei.co.jp/kaigai/eu/20070417D2M1700717.html

写真は私が以前遊びに行ったときに撮った、ベルギーね首都ブリュッセルの街並みです☆彡


■TOP PAGE
http://www.worldreport.jp


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
オランダ EU問題と微妙な協調? Bloom/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる