Bloom

アクセスカウンタ

zoom RSS ヨーロッパのスーパーマーケットと花

<<   作成日時 : 2006/02/10 08:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

画像
画像

ヨーロッパでは、スーパーマーケットでの花の売り場がとても充実しています。また、売れています。日本のスーパーでは仏花がメインというところが多いのとは対照的に、バリエーション豊富なアレンジブーケが販売されています。

ヨーロッパの中でも特にスーパーでの花の販売が盛んなのはイギリスとフランス。いずれの国でも日持ち保証販売がされており、保証された日数花がもたなかった場合は、消費者側の過失がない限り、新しいものと交換してくれます。驚いたのは、アフリカで生産されたバラでも、イギリスは日持ち保証販売を行っていることです。アフリカで束に加工されたものがイギリスに空輸されて販売される時代なんですね。

イギリスの3大スーパーは、テスコ、セインズベリー、そしてマークス&スペンサーでしょうか。テスコは庶民的な感じ、マークス&スペンサーは高級な感じで、花のアレンジもマークス&スペンサーが一番凝っていて高級なものを置いている気がしました。確か、オランダの花束加工業者に行った際にも、マークス&スペンサーは機械化された花束加工ラインを用いたブーケ以外に、手作りのブーケも納品していると聞いたし、実際にラッピングペーパーのデザインからラベルにいたるまで、高級感を演出しています。

それから、ヨーロッパのスーパーはMPS(環境認証プログラム)の認証を受けた花しか販売しないスーパーも多く、FLOの導入も盛んです。環境や、開発途上国の労働者への社会貢献を考慮した花の販売を行っているという点でも、日本のスーパーとは全く異なる販売戦略をたてているんですね。

スーパーも所変われば・・・というお話でした。

通勤中のリムジンバスからのアップで目がチカチカしてます・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
テスコはよく行きますが、まだ花は買ったことないです。買ってみようかな。こっちの束になった花でSPマムの染め色が気になります。ショッキングピンクのマム(^_^;)嫌いではない。でも・・・
まりえ
2006/02/10 22:49
テスコの花がイギリスのスーパーでは一番安いのでは?って思うんだけど、イギリス在住のまりえちゃんとしてはどう? でも、マークス&スペンサーのが一番パッケージもオシャレで花の品質もいい気がするよ。高いけど・・・。
sheera
URL
2006/02/16 20:46
確かにテスコが一番安いと思います。なぜなら、食品にしても日用品にしてもなんにしてもテスコが一番安いんです。
パッケージは確かにかわいいわけではないのですが、テスコのオリジナルの延命材もつけて束を販売してます。
まりえ
2006/02/16 22:19
やっぱりそっかぁ〜 住んでる人がいうんだから、間違いないね(^_^) イギリスのスーパー向けの花束って、今はアフリカから完成品がバケツに入った状態で空輸されてたりするんだよね。流通革命というか、けっこう衝撃的だったなぁ・・・。延命材も、値札もアフリカですでに付けてあって、あとは店頭に配送して並べるだけって知ってた? 商品の姿で大陸縦断するなんて、すごいよね!
sheera
2006/02/17 20:55
そうだったんですか??知らなかった!!ってゆーか、海外の切花流通について、知識無いんです。スーパーの束売りの品は完成品が輸入されているのは聞いたことありましたが、空輸だったとはしりませんでした。
4月末から、花屋さんで研修する時にオーナーに色々聞いてみようと思ってますが、予備知識が欲しいです。先生、ヨーロッパの流通について教えてください!!
まりえ
2006/02/18 00:11
おおーっ、そうだった。まりえちゃん、もう少ししたらイギリスの花屋さんで修行するんだったね! 私は先生なんていうほど知識はないけど、色んな所には行ってるので、少しずつヨーロッパの花の流通についても書いてみるね(^_^;
sheera
2006/02/18 06:20

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ヨーロッパのスーパーマーケットと花 Bloom/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる